にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と小出(新潟県)を普通列車のみで日帰り往復した記録の2回目です。

京浜東北線の初電で出発してから約2時間30分で、高崎駅に到着しました。
すでに、通勤・通学の時間帯となっていて、各線とも、日中と比べて多くの列車が発着します。
(写真1 E231系と115系 高崎駅)
E231系と115系 高崎駅

2・4番線ホームの東京駅寄り先端にある3番線には、八高線のキハ110系200番台が出発時間を待っています。
(写真2 キハ110系 八高線)
キハ110系 八高線

群馬県の駅名標には、各所で“ぐんまちゃん”の姿が見られます。
(写真3 高崎駅 八高線の駅名標)
高崎駅 八高線の駅名標

つづいて、5・6番線ホームには、両毛線、上越線の列車があり、この時間は、どちらも211系が入っていました。
(写真4 上越線・両毛線211系)
上越線・両毛線211系

高いところ(高架)には、新幹線のホームもあって、上越・北陸新幹線の姿が見られます。
(写真5 高崎駅の新幹線)
高崎駅の新幹線

ちなみに、高崎駅の新幹線の改札口近くには駅弁屋があり、同じコンコースに、コンビニ“NEWDAYS”やお土産の売店などもあります。
(写真6 駅弁屋と新幹線の改札 高崎駅)
駅弁屋と新幹線の改札 高崎駅

そして、乗車してきた上野駅からの高崎線は、2番線で折り返しの上野東京ライン・東海道線直通列車となりました。
(写真7 折り返し東海道線直通の高崎線)
折り返し東海道線直通の高崎線

この時間帯に、ホームでは見かけなかった107系は、高崎駅の留置線にいました。
なお、写真は帰りの列車の車内からで、朝は駅に近いところにとまっていました。
(写真8 107系と115系)
107系と115系

あと、復路では、高崎駅で時間が取れましたので、改札も出て少し歩きました。
(写真9 高崎駅東口)
高崎駅東口

この2回目では、駅前に家電量販店のある東口(改札階)と、駅前の様子を記録しておきます。
(写真10 高崎駅東口駅前)
高崎駅東口駅前

普通列車で横浜→小出は、別のコースと平行しながら、高崎駅のつづきで“上信電鉄”の記録を予定しています。