にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の35回目です。

1校目は、“八条油小路と東寺”というタイトルの「浅野中学・浅野高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東海道新幹線と近鉄京都線の交差付近をイメージしたもので、メインの五重塔をはじめ、プラ板などからすべて自作したという力作です。
(写真1 浅野中学・浅野高等学校 鉄道研究部)
浅野中学・浅野高等学校 鉄道研究部

2校目は、近鉄京都線の澱川橋梁を再現したという「京都市立洛陽工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
宇治川沿って通っている京都外環状線など、一目でわかる作りになっています。
(写真2 京都市立洛陽工業高等学校 鉄道研究部)
京都市立洛陽工業高等学校 鉄道研究部

3校目は、“川をくぐる鉄道の風景”というタイトルの「甲南高等学校・中学校 鉄道研究部」の作品です。
芦屋川をJR線がくぐり抜けるシーンを再現しています。
(写真3 甲南高等学校・中学校 鉄道研究部)
甲南高等学校・中学校 鉄道研究部

4校目は、“意外と知らない東池袋”というタイトルの「城北中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
都電荒川線の池袋4丁目付近を、高速道路などともに再現しています。
(写真4 城北中学校・高等学校 鉄道研究部)
城北中学校・高等学校 鉄道研究部

5校目は、千葉機関区をモチーフにした「千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR貨物の機関区ということで、たくさんの線路がならびます。
(写真5 千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部

6校目は、羽田空港国際線ターミナルをイメージした「東京都立戸山高等学校 地理歴史部」の作品です。
飛行場をはじめ、施設内の日本橋や地下の京浜急行線など、上手にまとめています。
(写真6 東京都立戸山高等学校 地理歴史部)
東京都立戸山高等学校 地理歴史部

7校目は、“青函トンネルと入口公園”というタイトルの「渋谷教育学園渋谷中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
写真の関係で切れてしまっていますが、左側にも少し情景があり、線路は3線軌条となっています。
(写真7 渋谷教育学園渋谷中学高等学校 鉄道研究部)
渋谷教育学園渋谷中学高等学校 鉄道研究部

8校目は、コーナーに橋が架かっている「奈良学園登美ヶ丘中学校高等学校 交通研究部」の作品です。
きれいな水の表現や雪景色が魅力的です。
(写真8 奈良学園登美ヶ丘中学校高等学校 交通研究部)
奈良学園登美ヶ丘中学校高等学校 交通研究部

9校目は、JR飯田線の長山駅を再現した「海陽中等教育学校 鉄道同好会」の作品です。
小さな駅舎と屋根のないホームが、のどかな感じを出しています。
(写真9 海陽中等教育学校 鉄道同好会)
海陽中等教育学校 鉄道同好会

10校目は、“昭和の東京”というタイトルの「芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
昭和の都電の風景をモチーフにしたもので、レトロな建物は主に紙や木などで手作りされています。
(写真10 芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部

11校目は、トンネル間の景色の「栃木県立足利高等学校 鉄道研究部」の作品です。
山の上には学校があり、お祭りが行われている様子などもつくられています。
(写真11 栃木県立足利高等学校 鉄道研究部)
栃木県立足利高等学校 鉄道研究部

12校目は、“空想明治初期の土佐”というタイトルの「高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部」の作品です。
駅のほか、お城や船などがあり、全体の色使いもおもしろいと思います。
(写真12 高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部)
高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、次回が最後の予定です。