にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年3月5日から、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体化事業の進捗に伴い、星川駅下り線が高架上のホームとなりました。
相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線と併せ、現在行われている大がかりな工事の一つです。
(写真1 高架区間を走行する相鉄線 星川駅から)
高架区間を走行する相鉄線 星川駅から

これまで、天王町駅を出ると、地上へ下がっていた線路は、そのまま高架区間で星川駅へと向かいます。
(写真2 天王町駅→星川駅)
天王町駅→星川駅

星川駅が近づくと、新しいホームと工事中の上り線が見えてきます。
(写真3 列車内から見た星川駅)
列車内から見た星川駅

星川駅ホームからの眺めは、これまでとすっかり変わりました。
(写真4 星川駅ホーム)
星川駅ホーム

ホームの雰囲気もかなりちがいます。
(写真5 相鉄線星川駅 駅名標・時刻表)
相鉄線星川駅 駅名標・時刻表

向かいの上り線は引き続き工事中ですが、進捗状況を見られるようになりました。
(写真6 工事中の星川駅下り線ホーム)
工事中の星川駅下り線ホーム

ホームから、改札に向かう途中の通路は、まだ仮の状態です。
(写真7 改札口とホームを結ぶ通路)
改札口とホームを結ぶ通路

しばらくは、上り線は地上・下り線は高架を行く相鉄線を見ることができます。
(写真8 上り線は地上・下り線は高架を行く相鉄線)
上り線は地上・下り線は高架を行く相鉄線

今回は、星川駅近くの行政機関に用事があったため、同駅で下車しましたが、また、機会がありましたら、これまで通り、各工事の様子を記録できればと思っています。