にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
JR東日本のラッキードロップに、新しい商品が登場していました。「千葉フィギュアみやげ」です。
(写真1 千葉フィギュアみやげ)
千葉フィギュアみやげ

場所は、いつものJR御徒町駅南口改札内 NEWDAYS裏で、「上信越フィギュアみやげ」と並んでいました。
(写真2 JR山手線御徒町駅南口改札内 NEWDAYS裏)
JR山手線御徒町駅南口改札内 NEWDAYS裏

内容が、かなりストーレートという感じで、定番の落花生に加えて、ふなっしーや(E259系)成田エクスプレスもあります。
“幕張メッセ”というの笑ってしまいそうです・・・。
(写真3 ふなっしーや成田エクスプレスなど)
ふなっしーや成田エクスプレスなど

このシリーズは、登場から、いつもおもしろいと思っています。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)E259系 成田エクスプレスは、6両すべての車両について、室内灯の取り付けを完了しました。
(写真1 KATO E259系 成田エクスプレス 室内灯点灯化)
KATO E259系 成田エクスプレス 室内灯点灯化

今回は、1編成すべてに、メーカー製(KATO)の「LED室内灯クリア」を使用しています。
(写真2 KATO LED室内灯クリア 6両分入り)
KATO LED室内灯クリア 6両分入り

なお、6号車(12号車)のクロE259は、グリーン車で照明の色が1両だけちがいます。
そのため、付属のカラーフィルターを使用して、温白色~電球色を再現しています。
(写真3 クロE259への室内灯取り付け)
クロE259への室内灯取り付け

5号車のモハE259と6号車のクロE259では、カラーフィルターだけでも、はっきりと色のちがいがでています。
(写真4 カラーフィルター有無のちがい)
カラーフィルター有無のちがい

夜景風のKATO E259系も、魅力たっぷりだと思います。
(写真5 夜景風のKATO E259系)
夜景風のKATO E259系

E259系 成田エクスプレスには、いろいろな場面で活躍してもらうつもりです。
あと、京浜東北線も、さらに増えましたので、近いうちに掲載したいと思っています。
京浜間のモジュール製作と併せて、もう一つ目標にしていることを進めるため、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「JR E233-1000系通勤電車(京浜東北線) 」を入手しました。
まずは、基本+増結セットⅠの6両で、10両フル編成を目指します。
(写真1 TOMIX E233系 京浜東北線 基本+増結セットⅠ)
TOMIX E233系 京浜東北線 基本+増結セットⅠ

先に、10両(1編成)揃っているKATOのE233系1000番台との組み合わせを心配しましたが、各所に違いがあるものの、別編成(編成中に混在させない) であれば、同じ形式としてそんなに違和感はないと思いました。
(写真2 TOMIXとKATOのE233系1000番台 京浜東北線)
TOMIXとKATOのE233系1000番台 京浜東北線
※奥(左):KATO/手前(右):TOMIX E233系1000番台

それから、増結セットⅠまでを一緒にしたのは、先頭車の追加パーツと各車用のインレタが、このセットに入っていることと、モハをユニットにするためです。
(写真3 JR E233-1000系通勤電車 京浜東北線 増結セットⅠ)
JR E233-1000系通勤電車 京浜東北線 増結セットⅠ

TOMIXの京浜東北線E233系1000番台は、サハ(付随車)などあと4両を、近いうちに入手して、フル編成・10両にする予定です。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)の「E259系 成田エクスプレス」は、増結セットを購入して、はやくも6両編成化しました。

京浜間では、東京駅での分割後、または併結前の6両編成で運行されています。
(写真1 横須賀線・成田エクスプレス・京浜東北線)
横須賀線・成田エクスプレス・京浜東北線

E259系のデザインは、とてもすてきだと思います。
(写真2 KATO E259系成田エクスプレス)
KATO E259系成田エクスプレス

6両編成は適度な長さで、ちょっと遊んだり、気分転換にとても便利です。
(写真3 E259系成田エクスプレス 6両編成化)
E259系成田エクスプレス 6両編成化

KATOの成田エクスプレスは、現行品のベストセレクションですので、基本3両と増結セット3両で6両編成になります。
(写真4 KATO E259系成田エクスプレス 基本・増結セット)
KATO E259系成田エクスプレス 基本・増結セット

つぎは、E259系成田エクスプレスに、室内灯を点灯させたいと思っています。
先日お知らせしたような状況で、更新できない日が続いてしまうこともありますが、いつも、ご訪問いただき本当にありがとうございます。

さて、旧・田町車両センター(跡地)再開発工事は、少し前に、起工式が行われたこともあり、さらに、工事が大きく動き出したように見えた、2017年2月中旬の進捗状況です。
(写真1 品川駅付近)
品川駅付近

当初、今回は京浜東北線からの様子を予定していましたが、山側からは積み上げた土砂ばかりの景色が目立つため、再び、常磐線直通の上野東京ラインからです。
ブルーシートの先が京浜東北線ですので、視界が遮られるような感じになります。
(写真2 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年2月中旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年2月中旬

京急線・都営浅草線の泉岳寺駅が近くなってくる、新駅予定地付近にあった大きな穴(地下)は、地上から見るとふたが閉じられたようになっていました。
また、大きな筒状の物も、置いてある数が増えています。
(写真3 大きな筒状の物)
大きな筒状の物

少し進んで、京浜急行電鉄のビル付近でも、いろいろと工事が行われています。
(写真4 京浜急行電鉄本社付近)
京浜急行電鉄本社付近

このほか、更地だったところも、だんだんと作業が進んできています。
(写真5 軌道モーターカーらしき車両)
軌道モーターカーらしき車両

さらに、田町駅方面でも、たくさんの動きが見られます。
(写真6 作業車両など)
作業車両など

田町駅が近くなったところでは、ショベルカーが作業をしていました。
(写真7 田町駅が近くなったところのショベルカー)
田町駅が近くなったところのショベルカー

ここからは、順調に工事が進むと、かなり速いペースで景色が変わっていくかもしれません。