にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
どんどんと工事が進む「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況は、2017年10月上旬の様子です。
今回も、京浜東北線・北行の車内からで、新駅予定地と田町駅近くを簡単に記録します。

まずは、新駅予定地付近です。柱と上階の部分ができあがり、作業する人の姿が多く見かけられます。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年10月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年10月上旬

新駅予定地から、少し田町駅方面に進んだところでは、 傾斜の付いた高架部分がかなりできあがっていました。
(写真2 傾斜の付いた高架部分)
傾斜の付いた高架部分

さらに、その先の足場が組まれたような工事箇所は、遠くからですとはっきりと見えませんが、大がかりな工事が進んでいるようです。
(写真3 足場が組まれた工事箇所)
足場が組まれた工事箇所

田町駅近くから品川方面を振り返るように見ると、東海道線の脇での工事が優先的に進んでいることがわかります。
(写真4 田町駅近くから品川方面を見る)
田町駅近くから品川方面を見る

京浜東北線からが続きましたので、次の機会は、できれば東海道線(上り)より工事を記録したいと思っています。
ブログの更新を3週間ほど休んでいる間に、かなり工事が進んだ「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況で、2017年9月下旬の様子です。
今回は、全体が見られるように、京浜東北線・北行の車内からです。
(写真1 京浜東北線 品川駅ホーム)
京浜東北線 品川駅ホーム

品川駅を出てからすぐのところも、配線などもかわることから、工事が進んでいる箇所の一つです。
(写真2 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年9月下旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年9月下旬

少し飛ばして、新駅付近の様子では、すっかり景色がかわってしまったような感じです。
(写真3 新駅予定地付近の様子)
新駅予定地付近の様子

さらに、進みますと、橋脚などがどんどん作られています。
(写真4 工事中の橋脚など)
工事中の橋脚など

田町駅が近くなり始めところの囲いのある部分は、ずいぶんと大きくなり、東海道線の車内からは、すでに全体がよくわかないくらいです。
(写真5 田町駅寄りの囲いのある部分)
田町駅寄りの囲いのある部分

そして、田町駅がさらに近くなったところでも、橋脚など工事が急ピッチで進められています。
(写真6 田町駅付近)
田町駅付近

変化がとても早いので、できる限り記録できるようにしたいと思っています。
今回の旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事の進捗状況は、イベントの関係などで、2017年8月下旬に撮影したものをアップする機会がなかったことから、9月上旬の様子と一部比較して記録します。

まずは、2017年8月下旬の常磐線直通の上野東京ラインで、品川駅です。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年8月下旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年8月下旬

品川駅を出発してすぐのところは、高崎線直通の東海道線の車内からの様子です。
京浜急行線が見えるあたりは、工事がどんどん進められています。
(写真2 旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年9月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2017年9月上旬

少し先に行って、新駅予定地付近の2017年8月下旬の様子です。
(写真3 新駅予定地付近 2017年8月下旬)
新駅予定地付近 2017年8月下旬

ほぼ、同じ場所を数週間後に見ると、場所によっては、かなりペースが速いことがわかります。
(写真4 新駅予定地付近 2017年9月上旬)
新駅予定地付近 2017年9月上旬

なお、ほんの少し先の都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近では、地上部分もかなり作られてきています。
(写真5 都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近)
都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近

そして、さらに、田町駅寄りのところも、ちがいをみることにします。
(写真6 泉岳寺駅付近 三田駅・田町駅寄り 8月下旬)
泉岳寺駅付近 三田駅・田町駅寄り 8月下旬

こちらも、新駅付近ほどではありませんが、着実に工事が進んでいます。
(写真7 泉岳寺駅付近 三田駅・田町駅寄り 9月上旬)
泉岳寺駅付近 三田駅・田町駅寄り 9月上旬

田町駅に近いところも、同様に変化が見られます。
(写真8 田町駅方面 2017年9月上旬)
田町駅方面 2017年9月上旬

数週間でも、大きく変化していきますので、できる限り記録を取っていきたいと思っています。
今回も、東海道線より、「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況で、2017年8月上旬の様子です。

品川駅付近は、相変わらずいろいろな作業が行われています。
(写真1 田町車両センター跡地再開発の様子 2017年8月上旬)
田町車両センター跡地再開発の様子 2017年8月上旬

掘削していたところは、新駅予定地と同じように、鉄骨が組まれています。
(写真2 はっきり見えてきた品川駅付近の掘削現場)
はっきり見えてきた品川駅付近の掘削現場

そして、前回、枕木が準備されていましたけれど、新しい線路としてできあがってきました。
(写真3 準備されている新しい線路)
準備されている新しい線路

少し飛ばして、新駅予定地付近は、あまりかわったようには見えませんでした。
(写真4 新駅予定地付近)
新駅予定地付近

また、都営浅草線・京浜急行線の泉岳寺駅付近は、地下はほぼ完了して、上方向に何かを作り始めています。
(写真5 泉岳寺駅付近)
泉岳寺駅付近

さらに、田町駅方向へいきますと、ここも、新しい線路が準備されています。
(写真6 ここも線路が準備されている様子)
ここも線路が準備されている様子

橋脚のようなものも、工事が進んでいます。
(写真7 橋脚のようなもの)
橋脚のようなもの

これらの部分にあった足場のようなものは、範囲が広く(区間が長く)なったように感じました。
(写真8 足場のようなものが組まれた様子)
足場のようなものが組まれた様子

数週間おきでも、かなり工事が進んでいる様子がわかります。
また、頃合いを見て記録する予定です。
今回は、東海道線からにもどり、着々と進んでいる「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況で、2017年7月下旬の様子です。

まずは、品川駅付近ですが、変化が激しくなってきました。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の様子 2017年7月下旬)
旧・田町車両センター再開発の様子 2017年7月下旬

大きな穴があって鉄骨が組まれています。
(写真2 品川駅付近の工事の様子)
品川駅付近の工事の様子

線路(配線)の切替もまた近いのでしょうか、新しい枕木がたくさん並んでいます。
(写真3 たくさん並ぶ枕木)
たくさん並ぶ枕木

少し進んだところでは、溝を作っているような工事が行われていました。
(写真4 溝を作っているような様子)
溝を作っているような様子

雨が降った後などは、水がたまって池のようになっているところは、地面が見えていました。
(写真5 雨の後は水がたまっている場所)
雨の後は水がたまっている場所

泉岳寺駅が近づいたところの大きな穴は、すでにふさがれています。
(写真6 大きな穴がふさがれたような状態)
大きな穴がふさがれたような状態

そのとなりで、泉岳寺駅付近も、大がかりな工事が行われています。
(写真7 都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近)
都営浅草線・京急線 泉岳寺駅付近

さらに、田町駅方面に進むと、足場のようなもので囲まれた箇所が、以前より増えたような気がします。
(写真8 足場のようなもので囲まれた橋脚らしきもの)
足場のようなもので囲まれた橋脚らしきもの

橋脚や柱らしきもので、囲いがなく見えるものは、鉄筋が見えています。
(写真9 鉄筋が見える橋脚らしき構造物)
鉄筋が見える橋脚らしき構造物

田町駅もっとも近い場所も、動きが一段と見られるようになってきました。
(写真10 田町駅付近も工事が進む様子)
田町駅付近も工事が進む様子

また、京浜東北線からと併せて、引き続き記録をとっていく予定です。