にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の17回目です。

八幡市駅から、石清水八幡宮を詣でるために、男山ケーブル線へ乗車します。
(写真1 男山ケーブル 八幡市駅)
男山ケーブル 八幡市駅

まずは、京阪本線八幡市駅の改札付近です。
(写真2 京阪 八幡市駅)
京阪 八幡市駅

改札を出ると、徒歩で石清水八幡宮へ向かうための案内が見られ、ケーブル線のりばとは反対方向になります。
(写真3 石清水八幡宮への案内)
石清水八幡宮への案内

駅のホームに沿って、ケーブルのりば方面へ歩いて行くと、石清水八幡宮のイラストマップがありました。
(写真4 石清水八幡宮イラストマップ)
石清水八幡宮イラストマップ

駅の敷地内には、臨時きっぷうりばもありました。
(写真5 臨時きっぷうりば)
臨時きっぷうりば

そして、まもなく男山ケーブルのりばに到着です。
(写真6 男山ケーブルのりば)
男山ケーブルのりば

昭和雰囲気が残る改札付近ですが、自動改札機が導入されています。
(写真7 男山ケーブル 八幡市駅改札)
男山ケーブル 八幡市駅改札

運行は、15分間隔に設定されていて、2本に1本は不定期とされ、乗客がいない場合は運行しない場合もあることが書かれています。
(写真8 男山ケーブル 時刻表)
男山ケーブル 時刻表

“関西へ2017年春”は、ケーブカーに乗車して、石清水八幡宮へ向かいます。
今月(2017年11月)17日(金)より、JR上野駅(山手線ほか)グランドコンコースに、「Pandaful Christmas~Congratulations on birth!」をテーマにした巨大クリスマスツリーが登場しました。
(写真1 JR上野駅×atre UENO クリスマスツリー)
JR上野駅×atre UENO クリスマスツリー

クリスマスツリー自体は毎年登場していますが、今年は、上野動物園にパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が誕生したということで、そのお祝いとして、より華やかになっています。
(写真2 パンダの赤ちゃん「シャンシャン」の誕生記念がテーマ)
パンダの赤ちゃん「シャンシャン」の誕生記念がテーマ

高さ6メートルのクリスマスツリーは、なかなか見応えがあります。
(写真3 パンダがいっぱいのクリスマスツリー)
パンダがいっぱいのクリスマスツリー

なお、そのとなりでは「行くぜ、東北。冬のごほうび」のキャンペーンに合わせたイベントも行われていました。
(写真4 行くぜ、東北。冬のごほうび)
行くぜ、東北。冬のごほうび

ちなみに、巨大クリスマスツリーの展示は、12月25日(月)までとなっています。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の16回目です。

京橋駅からは、次の目的地の八幡市駅へと京阪電車で向かいました。
(写真1 京阪電車 八幡市駅)
京阪電車 八幡市駅

八幡市駅では、8000系など何本か列車を見てから、改札を出ることにしました。
(写真2 京阪8000系)
京阪8000系

順番が前後しますが、京橋駅では、大阪環状線から京阪電車へ乗り換えました。
(写真3 京阪 京橋駅)
京阪 京橋駅

いつもながら、京橋駅の駅名看板(駅名標)も記録しておきます。
(写真4 京橋駅の駅名看板)
京橋駅の駅名看板

京橋駅から、八幡市駅までの間では、寝屋川車両基地も列車から見ることができました。
(写真5 京阪 寝屋川車両基地)
京阪 寝屋川車両基地

そして、今さらながら、途中駅の対向列車を見て気がついたのは、京阪のロゴに、“Keihan Railway”と書かれていることでした。
(写真6 京阪のロゴ)
京阪のロゴ

“関西へ2017年春”は、まだ、しばらくつづきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の17回目・最終回です。

前回につづき、長野電鉄の特急車両、2100系「スノーモンキー」(元・JR東日本253系「成田エクスプレス」)です。
側面の方向幕にも、さりげなく、マークが描かれています。
(写真1 スノーモンキー 側面方向幕)
スノーモンキー 側面方向幕

また、車体側面に大きくスペースが取られた、猿が温泉につかるシーンには驚かされます。
(写真2 スノーモンキー 猿の写真)
スノーモンキー 猿の写真

今回は、乗ることができませんでしたが、次の機会に向けてドア付近も見ておきます。
(写真3 乗降口付近)
乗降口付近

乗降口のホーム足下には、特急列車用の乗車位置案内があります。
(写真4 乗車位置案内)
乗車位置案内

そして、改札側の先頭車両には、特急・湯田中ゆきの行先板が出されていました。
(写真5 特急 湯田中ゆきの行先板)
特急 湯田中ゆきの行先板

さらに、反対側からも2100系の先頭車両を見ておきます。
(写真6 長野電鉄2100系 スノーモンキー)
長野電鉄2100系 スノーモンキー

となりの普通列車8500系(元・東急8500系)は、行先に「須坂」を表示していました。
(写真7 長野電鉄8500系 須坂ゆき表示)
長野電鉄8500系 須坂ゆき表示

最後は、長野駅にあったもう一種類の駅名看板(駅名標)です。
(写真8 長野駅の駅名看板)
長野駅の駅名看板

普通列車で横浜→長野は、これで終わりとなります。また、長野駅方面を楽しむ機会を作りたいと思います。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の15回目です。

翌日は、大阪駅(梅田)から、再び大阪環状線です。ただし、駅は変わって、京橋駅へと移動します。
東京メトロ銀座線の京橋駅とは全くイメージの異なる大阪環状線ですが、車両も東京からは消えた201系が現役で活躍していて、その並びも見られます。
(写真1 大阪環状線201系)
大阪環状線201系

ひときわ目立つラッピング車が見られるのも、大阪環状線の楽しさの一つです。
(写真2 ユニバーサルスタジオ ラッピング車)
ユニバーサルスタジオ ラッピング車

また、同じ環状線でも、山手線などとちがい、他線の列車が来るのも魅力的です。
大和路快速と紀州路快速が並ぶシーンもありました。
(写真3 大和路快速と紀州路快速)
大和路快速と紀州路快速

そして、登場して間もなかった323系も201系と並びます。
(写真4 大阪環状線 201系と323系)
大阪環状線 201系と323系

大阪環状線のイメージも大きく変わっていくことと思います。
(写真5 大阪環状線323系)
大阪環状線323系

ちなみに、京橋駅に来たのは乗り換えるためで、ここから京阪電車で京都方面へ向かいます。
(写真6 JR京橋駅から見た京阪電車)
JR京橋駅から見た京阪電車

“関西へ2017年春”は、京阪電車へとつづきます。