にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
現在発売中の「鉄道ピクトリアル 2017年11月号 No.938」(電気車研究会)が、72系旧形国電の特集を組んでいるということで購入しました。
103系や101系くらいまでですと、書籍やネット上の情報もたくさんありますが、茶色い(ぶどう色の)電車になると、資料も少なくなるので、とてもありがたい1冊です。
(写真1 鉄道ピクトリアル 2017年11月号 No.938)
鉄道ピクトリアル 2017年11月号 No.938

カラー写真や各車両の写真付き(モノクロ)の説明をはじめ、車歴表や形式図まで掲載されていて、鉄道模型などの製作にも便利だと思います。
(写真2 特集 72系旧形国電)
特集 72系旧形国電

子どもの頃は、まだ横浜線(京浜東北・根岸線直通)でも現役の車両でしたので、とても思い出深い形式の一つです。
スマートフォンなどの情報端末を、最近では鉄道模型や鉄道おもちゃの操作パネルとしても使うようになるなど、活用する場面が増えてきていると思います。
これらは、連動する機器と組み合わせる場合でも、また、単独で使用する場合でも、“アプリ”と呼ばれているアプリケーションソフトウェアを使っています。
今回は、その“アプリ”の中から、鉄道クイズにも使えそうな「駅データで遊ぼう!!』というソフトをご紹介します。

あなろぐソフト(http://www.analogsoft.jp/)という大阪府大阪市にある会社が手がけた、CSV検索ソフトに駅データを入れた「駅データで遊ぼう!!」というアプリがあります。
(写真1 あなろぐソフトのホームページ)
あなろぐソフトのホームページ
※各画像は、承諾を得て掲載しています。

同社のホームベージでは、使い方の例がいくつか紹介されていて、「京都府で最西端の駅は?」、「大阪府には、私鉄とJR、どちらの駅が多い?」、「山梨県でもっとも標高が高い駅は?」などというようなことを、スマートフォンを利用して簡単に答えを導き出せるというものです。
なお、少し複雑な検索も指定できるとのことで、使い方次第ではかなり便利に、また楽しく遊べるアプリではないかと思います。
(写真2 アプリの紹介とダウンロードページへのリンク)
アプリの紹介とダウンロードページへのリンク

ちなみに、GoogleのAndroidスマートフォンのみ対応ですので、アップルのiPhoneには残念ながら対応していないのと、時刻表検索や乗り換え検索についてもありません。
しかしながら、お持ちの端末が、Androidスマートフォンでしたら、ちょっと遊んでみると面白いのではないでしょうか。
(写真3 情報端末の表示見本)
情報端末の表示見本

あなろぐソフト http://www.analogsoft.jp/ より
→トップまたは製品の「駅データで遊ぼう!!」
http://www.analogsoft.jp/ja/products/csv-searcher-monostation/
このページのリンクから、グーグルのダウンロードサイトへ行くことができます。
鉄道模型の資料として集めた“JR東日本の新系列車両”関連の本の続きとなります。
今回は、同じシリーズで約9年前に出版された「E231/E233 Hyper Detail 首都圏新系列電車の全貌」(イカロス出版・ムック)です。
表紙は、E233系1000番台の京浜東北線となっています。
(写真1 E231/E233 Hyper Detail 首都圏新系列電車の全貌)
E231/E233 Hyper Detail 首都圏新系列電車の全貌

タイトルからも想像できるように、この時点までに登場している新系列車両について、各形式の詳細な違いなどを紹介しています。
たとえば、製造メーカーによって異なるところとして、川崎重工と東急車輌などがあります。
(写真2 E231/E233 Hyper Detail のカラーページから常磐線)
E231/E233 Hyper Detail のカラーページから常磐線

このほか、さらに詳しく、クーラーや補助電源装置(SIV)など、屋根上から床下まで、編成や車両ごとに異なる部分の写真も一挙に掲載されています。
(写真3 新系列車両のクーラーのバリエーションページから)
新系列車両のクーラーのバリエーションページから

前回の「首都圏新系列車両PROFILE」と比べると、やや入手が難しいかもしれませんが、こちらも1冊あると、とても便利な資料だと思います。
なお、後日、同じ仲間のムックを、あと1冊記録したいと思っています。

※同じシリーズの最新刊として、E235系まで網羅されている「ビジュアルガイド首都圏新系列電車2017」が、昨年末(2016年12月)に発売さています。
鉄道模型は、途中までN/16番(HO)ともに、103系が中心でしたが、気がつくと、京浜東北線を中心に、JR東日本の新系列車両(Nゲージ)が増えてきました。
そこで、製作資料として以前から気にとめていた“イカロス出版のムックシリーズ”を、いくつか集めることにしました。
このうち、はじめに届いたのは、「首都圏新系列車両PROFILE」です。
(写真1 首都圏新系列車両PROFILE イカロス出版・ムック)
首都圏新系列車両PROFILE イカロス出版・ムック

2011年に出版されたもので、過去のシリーズものの中では、現時点で安価に入手できるムックです。
ちなみに、現在は、「ビジュアルガイド首都圏新系列電車2017」が発売されたばかりで、E235系まで網羅されています。
(写真2 首都圏新系列車両PROFILE から)
首都圏新系列車両PROFILE から

このほかにも、過去に出版されたシリーズが何冊が届く予定になっているので、それぞれの内容の違いなどを掲載できればと思っています。
先日、リニューアルオープンしてから間もない、東急の「電車とバスの博物館」へ行ってきました。
入館券を持って、駅構内のパン屋さんへ行くと、お子さんが喜びそうな、“のるるんパン”を割引価格で購入することができます。
(写真1 のるるんパン)
のるるんパン

記事を書き始めてから気がつきましたけれど、“毎週木曜日”(祝日を除く)は休館日ですので、ご注意ください。
場所は、東急 田園都市線 宮崎台駅で、下車すぐ(高架下・入口は改札を出てすぐ)となります。
(写真2 東急 田園都市線8500系)
田園都市線8500系

東武博物館の話題が、あと1回となりましたので、これを掲載した後に、どんな感じになったかレポートしたいと思っています。