にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の5回目です。

はじめは、“西武 秋津×JR 新秋津”というタイトルの「慶応義塾志木高等学校 鉄道研究会」の作品です。
新秋津駅と交差して、別の列車が通過しています。
(写真1 慶応義塾志木高等学校 鉄道研究会)
慶応義塾志木高等学校 鉄道研究会

モジュールのJR武蔵野線の新秋津駅を上から見ると、踏切や線路があり、これが西武線となっています。
(写真2 JR武蔵野線 新秋津駅)
JR武蔵野線 新秋津駅

西武線の秋津駅付近も、作りがリアルなだけではなく、街にドラマがあります。
(写真3 西武鉄道 秋津駅付近)
西武鉄道 秋津駅付近

少し離れた西武線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅間を、うまくまとめて再現していると思います。
(写真4 西武 秋津×JR 新秋津)
西武 秋津×JR 新秋津

つぎは、北陸新幹線とJR飯山線の“飯山駅”をテーマにした「長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会」の作品です。
長野県にできた新駅への思いを込めたモジュールです。
(写真5 長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会)
長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会

北陸新幹線がとまる大きな駅を、在来線と合わせて、細かく作っています。
また、LEDなどを使ったコンコースなども、雰囲気がよいと思います。
(写真6 飯山駅)
飯山駅

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は続きます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展のつづき2回目です。

今回は、「チームおやびん」の皆さんの作品です。
おとなりで展示されていたことから、今年は、何度もじっくりと見ることができました。
(写真1 チームおやびんの出展から)
チームおやびんの出展から

テーマは、小田急の旧型車両で、地方鉄道に譲渡された車両など、たくさん並びます。
(写真2 テーマは小田急)
テーマは小田急

なかには、架線柱が立てられている作品もあって、完成度の高い車両が、より格好よく見えます。
(写真3 架線柱付きの展示)
架線柱付きの展示

どれも、すてきな車両ですが、黄色で目立つ、近江鉄道モハ203形をピックアップしてみました。
(写真4 近江鉄道モハ203形)
近江鉄道モハ203形

なお、作品はテーマの小田急関連だけではなく、JR東海の東海道線などで活躍する車両などもありました。
(写真5 JR東海の車両)
JR東海の車両

さらに、しずてつは、新旧並んでの展示でした。
(写真6 静岡鉄道の車両)
静岡鉄道の車両

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介は続きます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の4回目です。

はじめは、“中央線・飯田橋駅”を再現した「東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部」の作品です。
遊び心ありとしていますが、全体としては、とてもリアルな作りとなっています。
(写真1 東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部)
東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部

モジュール全体を見ると、コーナーを生かして、上手に作り上げています。
(写真2 飯田橋駅)
飯田橋駅

照明が点灯するホームもきれいで、停車する緩行線(総武線との直通)と快速の通過シーンも、なかなかだと思います。
(写真3 飯田橋駅のホーム)
飯田橋駅のホーム

つぎは、“廃墟と化した都市”というタイトルの「江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
事故ではなく、戦争をイメージしているとのことですが、とても衝撃的なシーンとなっています。
(写真4 江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会)
江戸川学園取手高等学校 鉄道研究同好会

また、とても細かくリアルで、よりインパクトの強い作りとなっています。
(写真5 廃墟と化した都市)
廃墟と化した都市

3校目は、“坂の上の風景-松山道後平野の日常-”というタイトルの「武蔵高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
伊予鉄道のダイヤモンドクロスのほか、道後温泉駅の駅舎などは、こだわって作られています。
(写真6 武蔵高等学校中学校 鉄道研究部)
武蔵高等学校中学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題も続きます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)では、自らが出展している関係で、これまで他の様子を、ほとんど見ることができませんでした。
しかし、今年は、モデラー出展について、近いところを中心に、写真を撮ることができましたので、一部ではありますが、ご紹介していきたいと思います。

今回は、通路を挟んで、2つ先で出展されていた「海でん☆やま電」さんの作品で、箱根登山鉄道をテーマにした“やま電”の皆さんの作品です。
まずは、新たに、車庫に照明がついた入生田検車区です。
小田急のロマンスカー・50000形(VSE)との並びも、すてきなシーンです。
(写真1 入生田検車区)
入生田検車区

つぎは、上から見下ろした塔ノ沢駅です。上空からの本物の場所かと錯覚するくらいの作り込みです。
(写真2 塔ノ沢駅)
塔ノ沢駅

つづいては、出山の鉄橋(早川橋梁)のシーンを、真上から撮影したものです。
山と川のバランスが絶妙で、有名なスポットを再現しています。
(写真3 早川橋梁)
出山の鉄橋

出山の鉄橋を渡ると、さらに高い位置にある出山信号場になります。
スイッチバックで、列車交換が行われる様子は、楽しいと思います。
(写真4 出山信号場)
出山信号場

そして、大平台駅は、モジュール全体を納めてみました。
(写真5 大平台駅)
大平台駅

階段を上がって駅を出ると、駅前は観光シーズンで賑わう国道1号線です。
(写真6 大平台駅と国道1号線)
大平台駅と国道1号線

どのシーンも完成度がが高く、何度見てもあきることはありません。

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介は続きます。
また、鉄道模型コンテストや、旅の話題も、順次掲載していく予定です。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18 回国際鉄道模型コンベンション」(JAM)への“Panda NEKO No.1・mr0123ma・た625 共同チーム”での出展は、おかげさまで無事終了しました。
会場にご来場いただいたり、ブログなどを通じでご支援くださった皆様にお礼申し上げます。

最終日の20日は、自動往復スイッチバックシステム(鉄道おもちゃ・プラレール・箱根登山鉄道)を、2編成で展示走行させることができました。
後半の一部は、一方の編成のセンサーが折れるというアクシデントがあり、しばらく運行を取りやめましたが、新回路で搭載した1編成の自動運転を行いました。
(写真1 自動往復スイッチバックシステム)
自動往復スイッチバックシステム

一方、ひっそりと復活していたのは、Bトレインショーティにライト点灯させた小田急8000形です。
室内灯のみは、E233系1000番台京浜東北線と、京急1500形で、計3編成の展示となりました。
(写真2 Bトレ ライト点灯 小田急8000形)
Bトレ ライト点灯 小田急8000形

そして、mr0123maさんの出展では、パンタスパーク再現車両が注目されていました。
(写真3 パンタスパーク再現車両 新幹線ほか)
パンタスパーク再現車両 新幹線ほか

また、外国形車両も、たくさんの展示・走行となり、皆さんに楽しんでいただきました。
海外の車両をわかるお子さんたちも多くなり、変化を感じました。
(写真4 たくさんの外国形車両)
たくさんの外国形車両

さらに、ジオラマのイメージがある、た625さんは、ヤードのポイント一括切換システムに取り組み、動きのあるジオラマへの発展が楽しみです。
システムだけでは、地味ではありますが、多くの方かに操作を体験していただき、ジオラマへの組み込みの魅力をお伝えできたと思います。
(写真5 ジオラマとヤードのポイント一括切換システム)
ジオラマとヤードのポイント一括切換システム

あと、定番ではありますが、自動 踏切警報器・遮断機は、閉そく信号機のシステムと連動させることにより、楽しみを広げる試みとしました。
(写真6 自動 踏切警報器・遮断機)
自動 踏切警報器・遮断機

今回は、入口からすぐのところでの展開ということと、来場者も大変多かったことから、本当に多く皆さんにお立ち寄りいただき、楽しい3日間となりました。

なお、来年・2018年の開催までは、東京ビッグサイトを予定しているとのことです。それ以降は、オリンピック関連で、会場が別の場所になるようです。