にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
いつも、ご訪問などありがとうございます。
同居の家族が、救急搬送され、意識不明で集中治療室に入り予断を許さない状況のため、更新が滞る場合もあるかもしれませんのでご了承ください。

さて、今さらながら感がありますが、訳ありまして、ダイソー のプチ電車を入手しました。
最近は、取扱店舗が減ったにもかかわらず、相変わらずの人気で、全部そろえるのは大変な状況です。
(写真1 ダイソー プチ電車)
ダイソー プチ電車

車両は、動力車も含め、1両各100円(+消費税)と、とてもありがたい価格です。
はずれを引いてしまうこともありますけれど、全体としては、外観も走行も、期待以上のものだと思います。
(写真2 プチ電車 成田エクスプレスと山手線)
プチ電車 成田エクスプレスと山手線

様子を見ながらになりますが、またレポートしたいと思っています。
少し前に、リンクしていただいている「“無責任な部屋?”の無責任男。様」からいただいた「電動スイッチバック箱根登山電車モハ2形」をご紹介したいと思います。
この鉄道おもちゃは、現在も箱根登山鉄道で販売しているもので、製造元は株式会社丸彰です。以前、同じシリーズに、江ノ電(江ノ島電鉄)もあったようです。
(写真1 電動スイッチバック箱根登山電車モハ2形)
電動スイッチバック箱根登山電車モハ2形
(写真2 外箱からスイッチバック箱根登山電車を出した様子)
外箱からスイッチバック箱根登山電車を出した様子

鉄道玩具の中では、やや大きいものになると思います。その分、形状や動きなどがリアルになっています。
行先方向板のシールは、現在は使用されなくなった「小田原」ゆきを含めて3種類ついています。
(写真3 行先方向板シール3種)
行先方向板シール3種

箱からセット品の中のレールには、ポイントも含まれています。このポイントはスプリング式になっていて、行きと帰りで通る経路を変えることができるようになっています。
このほか、車両はフランジのある車輪ですので、鉄道模型により近い玩具です。
(写真4 スイッチバック箱根登山電車の内容)
スイッチバック箱根登山電車の内容
(写真5 スプリングポイントもリアル)
スプリングポイントもリアル

そして、タイトルにもあるように、“往復”仕様となっています。車止めに連結器のようなものが当たると停止して、ドアの開閉を行い反対方向に出発していきます。
あの、ドア開閉の際は、片側ではあるものの“側灯”も点灯します。ここまで、こだわった“おもちゃは”珍しいものです。
(写真6 折り返し地点で側灯が点灯してドアが開く様子)
折り返し地点で側灯が点灯してドアが開く様子

こっそり、仕組みも見てみましたけれど、電子制御ではなく機械式でした。ギヤなどをうまく設計することにより、これだけのギミックを実現しています。
とても、面白いものをいただきました。ありがとうございます。

この「電動スイッチバック箱根登山電車モハ2形」は、1セット2,000円(税込)で、箱根湯本駅、強羅駅、早雲山駅、鉄道部(小田原)、箱根の市、強羅駅SHOPなどのほか、通信販売もしています。
詳しくは、箱根登山鉄道公式ホームページのオリジナルグッズでご確認ください。
(URL 箱根登山鉄道公式サイト~オリジナルグッズ)
http://www.hakone-tozan.co.jp/goods/goods.html