にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨日(2014年7月24日)、JR東日本横浜支社・八王子支社より、10月の南武線E233系デビューと、南武線オリジナルロゴのデザイン決定についての発表がありました。
そこで、完成していた南武線E233系プラレールに、早速、新しいロゴなどをいれて仕上げてみました。
(写真1 南武線 新ロゴ入りE233系プラレール 先頭車)
南武線 新ロゴ入りE233系プラレール 先頭車

プラレールとしては、すでに発売されている横浜線E233系と同じ配置になるようにしています。実車は4ドア、プラレールは3ドアなので、残念ながら真ん中にデザインをもっとくることはできません。
なお、JR東日本の発表では、沿線風景をイメージしたデザインは1・6号車(前後)に施すと書かれていますが、普通の帯(ラインカラー)にもどすのは簡単なので、これも横浜線と同じように、とりあえず貼ってしまいました。
(写真2 南武線 新ロゴ入りプラレール 中間車)
南武線 新ロゴ入りE233系プラレール 中間車

“南武線が街と街、人と人をつなぎ、「明るく弾む伸びゆく沿線」のイメージ”というロゴについては、先頭・後尾の乗務員室のドア脇に貼りました。
(写真3 南武線 新ロゴ入りE233系プラレール 後尾車)
南武線 新ロゴ入りE233系プラレール 後尾車

なお、JR東日本発表の資料は、JR東日本八王子支社のホームページから見ることができます。
(写真4 JR東日本発表の南武線E233系デビューと新ロゴ発表から)
JR東日本発表の南武線E233系デビューと新ロゴ発表から

南武線のE233系デビューが待ち遠しい反面、同線からも205系の淘汰が始まりますので複雑な思いです。
しばらくは、南武線にも注目が集まりそうです。
少し痛んだプラレール車両を簡単な改造で引き立てようという企画の第2弾として、塗装を行わない簡易改造の「JR南武線 209系」で、E501系常磐線プラレールから作ったものです。
(写真1 209系南武線 プラレール 簡易改造)
209系南武線 プラレール 簡易改造

とりあえず、暫定的に「稲城長沼」ゆきのシールを作り貼りました。
(写真2 209系南武線 プラレール 稲城長沼ゆき)
209系南武線 プラレール 稲城長沼ゆき

中間車は、地味ながらニコイチにしたものです。
(写真3 209系南武線 プラレール 中間車 簡易改造)
209系南武線 プラレール 中間車 簡易改造

これから、前面パーツに色を少し加えて、ライトくらいはつけたいと思っています。
以前、電子部品店で購入したネオジウム磁石をご紹介して以来、そのままになっていた小型マグネットを使用した鉄道おもちゃ(プラレール)用の連結を製作しました。
プラレールの改造は、できるだけ控えているので、やり残しになっていることで、環境的に製作可能なものを、このところ手がけています。
(写真1 京浜急行2100形・1500形 改造プラレール)
京浜急行2100形・1500形 改造プラレール

製品の連結セットなどのマグネット連結器はかなり大きなものですので、もう少し車両が映えるようにと思い、丈夫で小さいものを考えてきました。
後日、ホームページ詳しくまとめるつもりがあるので、今回は完成した写真を先に掲載します。
(写真2 小型マグネットによるプラレールの連結)
小型マグネットによるプラレールの連結

製作について簡単にご紹介すると、最近100円ショップで、かなり強力なタイプのネオジウム磁石を手に入れられるようなったため、この製作では、それを使いました。
また、Nゲージ(鉄道模型)化して、たくさん余っているBトレインショーティー(バンダイ)の連結器の形状がとてもいい感じなので、これも利用しています。
あとは、すでに完成済みの棒状連結器の規格に合わせるため、車両と連結器の接続用に、ミニモータートレイン(エポック社)の連結器も使っています。
(写真3 プラレールの小型マグネット連結器に使用したパーツ)
プラレールの小型マグネット連結器に使用したパーツ

簡単にできるかなと思っていたところ、一つだけ大きな問題が生じました。それは、ネオジウム磁石に、瞬間接着剤のアロンアルファが乾燥後きれいにはがれてしまい、使用できないことです。また、強力テープなども全くつきませんでした。
そこで、磁石メーカーのサイトを見たところ、お客様からの質問に答える形で、 磁石用の接着剤が2種類紹介されていました。
今回は、すぐに入手可能だったセメダイン社のハイスーパー5という、パテのように混ぜ合わせて使う接着剤を購入して試してみました。さすが、メーカーの回答だけあって、しっかりと着きました。
(写真4 磁石用の接着剤)
磁石用の接着剤
(写真5 完成したプラレール用小型マグネット連結器)
完成したプラレール用小型マグネット連結器

なお、最近のBトレの連結器に使用されている磁石は、しっかりと固定されていて外れません。無理にはずそうとすると、磁石が砕けてしまいました。
また、昔のタイプの磁石を外したところ、今回使用したネオジウム磁石と大きさが合わず、結局のところ、Bトレの磁石を生かして、ネオジウム磁石を接着してあります。
なお、ネオジウム磁石の種類によっては、あまりに強力なので、新たに取り付けるのを片側だけにした方が、解結するときに便利だと思いました。

改造はおすすめできませんが、参考にして製作(改造)などされる場合は、安全に十分気をつけて、自己責任でお願いいたします。
久しぶりにプラレール車両の改造の準備をしてみました。
往復運転システムの魅力を伝えられるように、箱根登山鉄道プラレールのライト部分に、試しとして1両、穴を開けました。
(写真 箱根登山鉄道プラレールのライト改造テスト)
箱根登山鉄道プラレールのライト改造テスト

車体の厚みがない部分があったり、ほんの少し開けてはいけない場所まで削れているので、後日パテなどを使って修正をするつもりです。
雰囲気を確認するためLEDを入れてみたところ、やはりきれいだと思います。少しずつ楽しんでいきます。
昨日に続き、ホームページの更新で小さい画像でしか
見られない写真を、いつもの大きさ(クリック後)450×300で、
このブログで掲載します。

まずは、高架用信号機とて撮った改造プラレールの
デトと製品のままのKEIKYU BLUE SKY TRAINです。
(写真1 高架用信号機からブルースカイトレインとデト15-16形)
高架用信号機からブルースカイトレインとデト

次は、自作連結器の紹介として使用した京急2100形
と新1000形ステンレス車の改造プラレールです。
(写真2 京急2100形と新1000形SUS車の改造プラレールの連結)
プラレール改造車両 京急2100形と新1000形ステンレス車の連結

そして、最後は、5灯・4灯式信号機を実際に点灯させて、
いつもとは違い斜めアップで撮影したものです。
(写真3 点灯させて斜めに撮った5灯・4灯式信号機)
5灯・4灯式信号機

何かお気に入りのものがあれば、もう1回ホームページ
バナー用画像からご紹介したいと思います。

[ホームページ更新のお知らせ]
情景・製作コーナーを中心に、ホームページを更新しました。
少し早いですが、「クリスマスツリー」のページも新設しました。