にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
国際鉄道模型コンベンション(JAM)が終わり、少しのんびりしたいと思っていたところでしたが、急遽、いつもの蔵前駅付近まで出かけることになりました。

今回は、乗車した都営浅草線が、エアポート快特(京成線・北総線直通)だったため、距離が近く、次の停車駅の浅草駅まで乗車しました。
都営浅草線の浅草駅と、東京メトロ銀座線・東武鉄道の浅草駅とは少し離れていることから、駒形橋も近くなっています。そこからは、ゆっくりと発着する東武鉄道の車両が見られます。
(写真1 駒形橋から見る東武鉄道)
駒形橋から見る東武鉄道

隅田川を、反対方向に見ると、蔵前駅から近い、厩橋が見えます。
時折、船も行き交い、東京らしい光景がすてきです。
(写真2 厩橋)
厩橋

駒形橋からは、天候がよければ、東京スカイツリーもきれいに見えます。
(写真3 東京スカイツリー)
東京スカイツリー

体はだいぶ疲れていますけれど、少し癒やされたように感じます。
また、鉄道模型コントストや国際鉄道模型コンベンション、そして、旅の記事の続きなどを順番に掲載していく予定です。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と小出(新潟県)を、高崎線・上越線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の14回目です。

只見線が来るまでに時間がありますので、小出駅の中や周辺を見ていくことにします。
(写真1 小出駅の保線車両)
小出駅の保線車両

只見線のホームにそばには、保線車両がとまっていますが、背後の川や残雪の山々など、特別な存在を感じさせます。
(写真2 保線車両と駅名標)
保線車両と駅名標

小出駅の上越線ホーには、待合室があり、新潟県の名産品を案内しています。
(写真3 上越線ホームの待合室)
上越線ホームの待合室

このほか、只見線のホームから見る上越線のホームや駅舎などもすてきです。
(写真4 只見線ホームから見る小出駅)
只見線ホームから見る小出駅

つづいて、小出駅を改札外からも見てみます。
平屋の駅舎ではありますが、きれいで、すっきりとしたデザインです。
(写真5 小出駅 平屋の駅舎)
小出駅 平屋の駅舎

“小出駅”の駅名板は、“俳優 渡辺 謙 書”と添え書きがあります。
ここ、新潟県魚沼市の出身なんだそうです。
(写真6 駅名板)
駅名板

そして、観光客の姿は、この日あまり見かけませんでしたけれど、“駅から観光マップ”もあり、大きな周辺地図を含めて、観光案内をたくさん見かけます。
(写真7 駅から観光マップ)
駅から観光マップ

駅前には、住所を案内する“魚沼市小出旭町”の案内板もありました。
(写真8 小出旭町の地名案内)
小出旭町の地名案内

普通列車で横浜→小出は、いよいよ、只見線の車両となり最終回です。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の9回目です。

今津駅からは阪急で、梅田へもどります。
(写真1 阪急6000系 今津駅)
阪急6000系 今津駅

では、阪神の今津駅から順に、阪急の今津駅へ向かいます。
阪神の改札には、阪急への乗り換えが大きく案内されていました。
(写真2 阪神電車 今津駅改札)
阪神電車 今津駅改札

駅間は近いので、すぐに阪急の駅に着きます。
運賃や自動券売機もチェックしておきます。
(写真3 阪急 今津駅の自動券売機)
阪急電車 今津駅の自動券売機

広くてきれいな改札がいい感じです。
(写真4 阪急 今津駅の改札)
阪急 今津駅の改札

改札を入って、高架上にあるホームに上がると、阪神電車からも見える丸いデザインの部分に気がつきます。
(写真5 今津駅ホームから)
今津駅ホームから

そして、駅名看板(駅名標)を撮影します。
(写真6 今津駅の駅名看板)
今津駅の駅名看板

年数はだいぶたっているものの、高級感のある車両がすてきです。
(写真7 今津駅に停車中の列車)
今津駅に停車中の列車

今津線は、阪神国道駅を経て、西宮北口駅までと短い路線です。
(写真8 阪神国道駅・西宮北口駅方面)
阪神国道駅・西宮北口駅方面

次回の“関西へ2017年春”は、阪急電鉄の西宮北口駅からを予定しています。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の11回目です。

京浜東北線・横浜線・中央線・篠ノ井線・信越本線と乗り継いで、横浜市内から約6時間30分かけて長野駅に到着です。
(写真1 長野駅の駅名標と特急しなの)
長野駅の駅名標と特急しなの

最後に乗車してきたE127系のとなりには、JR東海の383系です。
(写真2 JR東海383系とJR東日本E127系)
JR東海383系とJR東日本E127系

特急「しなの」の長野方先頭車両は、グリーン車です。
(写真3 383系のグリーン車)
383系のグリーン車

信越本線を挟んで、長野駅から妙高高原駅までは、しなの鉄道の北しなの線となっています。
(写真4 しなの鉄道115系)
しなの鉄道115系

長野駅を出発したしなの鉄道の115系と入れ替わるように、飯山線のキハ110系がやってきました。
(写真5 しなの鉄道115系とJR東日本キハ110系)
しなの鉄道115系とJR東日本キハ110系


飯山線のキハ110系も終点・長野駅に到着です。
(写真6 キハ110系)
キハ110系

ちなみに、越後川口~豊野駅間が飯山線、豊野駅から長野駅までは、しなの鉄道北しなの線(旧・信越本線)となっています。
(写真7 キハ110系の方向幕 越後川口)
キハ110系の方向幕 越後川口

そして、飯山線の列車を追うように、しなの鉄道で長野色の115系が入線してきました。
(写真8 キハ110系と長野色の115系)
キハ110系と長野色の115系

次回の普通列車で横浜→長野は、長野駅からのつづきを予定しています。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を、東海道線の普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の12回目です

名鉄線は、金山駅を経て、神宮前駅に到着です。
ここでも、2000系「ミュースカイ」に出会いました。
(写真1 神宮前駅 名鉄2000系とJR東海道線313系)
神宮前駅 名鉄2000系とJR東海道線313系

神宮前駅の駅名看板(駅名標)と1700系です。
(写真2 神宮前駅 駅名看板と1700系)
神宮前駅 駅名看板と1700系

駅名看板は、ホーム(下)に取り付けられているタイプもありました。
また、ここで路線が分かれるので、次の駅の表示もちがいます。
(写真3 神宮前駅 駅名看板)
神宮前駅 駅名看板

こちらの赤い電車(京急ではなく名鉄)も、ステンレス車が目立ちます。
(写真4 名鉄3300系)
名鉄3300系

車両の写真は、また後ほど撮影することにして、いったん改札へ向かいます。
階段を上がると、おいしそうな店がありました。
(写真5 改札内の飲食店)
改札内の飲食店

それと、ちょうど桜のシーズンということで、名鉄線と桜のポスターがありました。
(写真6 桜と名鉄のポスター)
桜と名鉄のポスター

そして、広くて、きれいな改札を出ます。
(写真7 神宮前駅改札)
神宮前駅改札

駅名にもありますように、熱田神宮がすぐ近くです。
(写真8 熱田神宮への案内)
熱田神宮への案内

次回の「普通列車で横浜→名古屋」は、神宮前駅の駅前と熱田神宮を予定しています。