にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の8回目です。

冠着駅を過ぎると、いよいよ有名な姨捨駅です。
(写真1 姨捨駅とE127系)
姨捨駅とE127系

スイッチバックを行う駅で、そういった点でも魅力的です。
(写真2 姨捨駅)
姨捨駅

そして、何よりも、この駅からの眺めは本当に驚きます。
(写真3 姨捨駅からの眺め)
姨捨駅からの眺め

駅はきれいに整備され、展望案内図も設置されています。
(写真4 展望案内図)
展望案内図

松本方面へ向かう列車は、景色がよく見えろ方のホームに停車します。
(写真5 松本方面の案内)
松本方面の案内

駅のホームらしからぬ作りもなかなかです。
(写真6 展望デッキ)
展望デッキ

ちなみに、真下は長野駅方面へ向かう単線の線路があります。
(写真7 長野駅方面の線路)
長野駅方面の線路

このほか、駅のホームには石碑もみられました。
(写真8 石碑)
石碑

次回の普通列車で横浜→長野は、姨捨駅の続きを予定しています。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と小出(新潟県)を、高崎線・上越線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の10回目です。

岩原スキー場前駅に到着すると、かわいい、きっぷ・運賃入れを見かけました。
ミニサイズの運賃表もセットで、いい組み合わせです。
(写真1 岩原スキー場前駅の運賃箱)
岩原スキー場前駅の運賃箱

雪はたくさんあっても、すでにシーズンオフで静かです。
(写真2 岩原スキー場前駅の駅舎)
岩原スキー場前駅の駅舎

次は、上越新幹線とも連絡し、比較的大きな越後湯沢駅へ列車は向かいます。
ここでも、雪解け水が流れる川の様子は、とてもきれいです。
(写真3 岩原スキー場前駅-越後湯沢駅間の景色から)
岩原スキー場前駅-越後湯沢駅間の景色から

春なのに、田んぼも一面雪で覆われていて不思議な感じです。
(写真4 春なのに平地も雪で覆われた景色)
春なのに平地も雪で覆われた景色

やかで、越後湯沢駅が近づくと、事業用車が見えてきました。
(写真5 越後湯沢駅の事業用車)
越後湯沢駅の事業用車

ここでも、駅名標を写真に収めておきます。
(写真6 越後湯沢駅の駅名標)
越後湯沢駅の駅名標

また、タイミングがよかったので、E129系の運転台も撮りました。
(写真7 E129系の運転台)
E129系の運転台

越後湯沢駅を出ようとする列車から、乗り入れてきた北越急行ほくほく線の車両が見えました。
駅の中は暗く、うまく撮れませんでしたので、後ほど、もう一度トライします。
(写真8 越後湯沢駅へ乗り入れてきた北越急行)
越後湯沢駅へ乗り入れてきた北越急行

次回の普通列車で横浜→小出は、六日町駅などを予定しています。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を、東海道線の普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の9回目です。

大須の街を後にして、名古屋市営地下鉄鶴舞線で名古屋駅までもどります。
(写真1 名古屋市営地下鉄鶴舞線N3000形)
名古屋市営地下鉄鶴舞線N3000形

大須観音からすぐ近くの 大須観音駅から乗車します。
(写真2 大須観音駅の地上出入口)
大須観音駅の地上出入口

鶴舞線の駅名看板(駅名標)は、列車の帯と同じスカイブルーです。
(写真3 大須観音駅の駅名看板)
大須観音駅の駅名看板

大須観音駅の次の駅、伏見駅では、東山線と接続しますが、同線は行きに乗ってきましたので、もう一つ先の丸の内駅まで乗車します。
(写真4 N3000形のLCD)
N3000形のLCD

乗車したN3000形の車内はとてもきれいでした。
(写真5 N3000形の車内)
N3000形の車内

丸の内駅で列車を降りますと、直通運転をしている名鉄の赤い車両も入ってきているのに気がつきました。
(写真6 乗り入れている名古屋鉄道)
乗り入れている名古屋鉄道

鶴舞線には3形式の電車があるようですが、時間の関係もありましたので、3000形を見て桜通線へ向かいます。
(写真7 鶴舞線3000形)
鶴舞線3000形

乗り換えのため通路を進んでいくと、目立つ乗り換えの案内がありました。
(写真8 丸の内駅 鶴舞線と桜通線を結ぶ通路の案内)
丸の内駅 鶴舞線と桜通線を結ぶ通路の案内

名古屋市営地下鉄の4路線目、桜通線も楽しみです。

次回の「普通列車で横浜→名古屋」は、桜通線で名古屋駅へ向かいます。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の5回目です。

尼崎駅を出発して、2駅目に「尼崎センタープール前」という駅があります。
(写真1 尼崎センタープール前駅)
尼崎センタープール前駅

ここは、駅前にボートレース場(ボートレース尼崎)があり、ちょうどこのときは開催中で、迫力のあるシーンが電車から見えました。
(写真2 ボートレース場)
ボートレース場

実は、帰りは今津駅で降りる予定が、うっかり乗り越して、尼崎センタープール前で改札を出たため、この区間は2往復しています。
また、コンコースに貼られていた、甲子園球場についてのポスターは、関西らしく、なかなかインパクトがあります。
(写真3 甲子園球場についてのポスター)
甲子園球場についてのポスター

そして、次の駅は「武庫川駅」で、阪神武庫川線が本線の下から出発していきます。
(写真4 阪神武庫川線)
阪神武庫川線

武庫川といえば、車内の“武庫川車両”のプレートを思い出します。
新しく変わった“阪神車両メンテナンス”の銘板も一緒についていました。
(写真5 武庫川車両のプレート)
武庫川車両のプレート

そして、鳴尾駅を過ぎると、「甲子園駅」です。
(写真6 甲子園駅のホーム)
甲子園駅のホーム

阪神甲子園球場で有名なだけに、駅名看板(駅名標)も気になります。
(写真7 甲子園駅の駅名看板)
甲子園駅の駅名看板

反対方面からになりますが、この駅は屋根に特徴があります。
両側の扉が開いたのも、甲子園駅だったような気がします。
(写真8 甲子園駅)
甲子園駅

“関西へ2017年春”は、さらに、阪神電車で神戸三宮方面へ向かいます。
少し間が開いてしまいましたが、この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の7回目です。

乗車の列車は、田沢駅に到着しました。
前回、先頭車が見えていた211系は、この列車と入れ替わりに、松本方面へ出発していきます。
(写真1 篠ノ井線の211系)
篠ノ井線の211系

211系の方が篠ノ井線のイメージがありますし、なんといっても3両編成で、車内にゆとりがあるがあります。
(写真2 篠ノ井線田沢駅)
篠ノ井線田沢駅

一方、こちらは2両編成のE127系のため混雑気味で、車内の案内は大糸線ばかりです。
(写真3 ミラーに映るE127系)
ミラーに映るE127系

田沢駅を出発した列車は、明科駅へ向かいますが、単線から複線に変わります。
遠くに見える山には、まだ雪が残っています。
(写真4 田沢駅-明科駅間の景色から)
田沢駅-明科駅間の景色から

そして、明科駅では、JR東海の特急“しなの”とすれ違いました。
(写真5 JR東海 特急しなの)
JR東海 特急しなの

さらに、明科駅より先、篠ノ井方面は再び単線になりました。
長い直線区間もあります。
(写真6 長い直線)
長い直線

また、こちら長野は、行く先々で春の訪れを感じました。
(写真7 春の訪れを感じる景色)
春の訪れを感じる景色

明科駅からは、3駅とまり、やがて冠着駅が近づいてきました。
(写真8 冠着までの運賃)
冠着までの運賃

次回の普通列車で横浜→長野は、さらに、篠ノ井線の篠ノ井駅(長野駅)方面へと続きます。