にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
10両編成化を目指していたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)E233-1000系 京浜東北線は、付随車のサハ2両とモハユニット(1400)の計4両も加わり、フル編成化が完了しました。
先に揃っていたKATOのE233系1000番台と合わせて、10両×3編成となります。
(写真1 TOMIX・KATO E233系1000番台 京浜東北線)
TOMIX・KATO E233系1000番台 京浜東北線

今回10両化したTOMIXの編成のみの写真です。
(写真2 TOMIX E233系1000番台 京浜東北線 10両化)
TOMIX E233系1000番台 京浜東北線 10両化

6両+4両に組み替えて、手前の中間車4両(6~9号車)が増備した車両です。
(写真3 TOMIX E233系1000番台 追加の4両)
TOMIX E233系1000番台 追加の4両

TOMIXのE233-1000系は、別にイベント(体験運転)用の4両編成がありますので、これを含めるとE233系1000番台京浜東北線は、4編成となります。
(写真4 TOMIX・KATO E233系 10両×3編成と4両編成)
TOMIX・KATO E233系 10両×3編成と4両編成

TOMIXとKATOの各1編成が、室内灯の取り付けを終えていませんので、できるだけ早くに作業を進めていく予定です。
2020年・東京でのオリンピック開催を控え、“都営交通”として、デザインにこだわったいろいろなポスターを掲出しています。

現在掲出されているものから、まずは、都営浅草線・京浜急行線 泉岳寺駅でみかけた「PROJECT TOEI 010 都電荒川線9002号車」です。
“見た目はクラシックですが、中身は最新です。”というフレーズもなかなかです。
(写真1 PROJECT TOEI 010 都電荒川線9002号車)
PROJECT TOEI 010 都電荒川線9002号車

そして、一つ前の「PROJECT TOEI 009 大江戸線新型車両」も見かけました。
“すべての車両をリサイクル可能なアルミニウム製にしています。”としてエコを強調しています。
(写真2 PROJECT TOEI 009 大江戸線新型車両)
PROJECT TOEI 009 大江戸線新型車両

エコといえば、東日本橋駅には「都営交通の取組 車両でeco」という、地下鉄各線や都営バスなどの写真がならぶ、ポスターもありました。
(写真3 都営交通の取組 車両でeco)
都営交通の取組 車両でeco

さらに、写真ばかりではなく、イラストで、「ようこそ都電荒川線へ」というポスターも見かけました。
(写真4 ようこそ都電荒川線へ)
ようこそ都電荒川線へ

東京メトロもおしゃれなポスターをたくさん掲出していますけれど、都営交通も楽しくなっていきそうです。
鉄道模型の資料にE217系の写真が必要で、用事のついでにフリーきっぷを使って錦糸町駅に行きました。
横須賀線・総武快速線のE217系が電留線にたくさん並んでいます。
(写真1 電留線に並ぶE217系)
電留線に並ぶE217系

E217系の並びを横から見ても、なかなかいい感じです。
(写真2 E217系の並びを横から)
E217系の並びを横から

ぎりぎりですが、錦糸町駅の駅名標とE217系を一緒に撮ってみました。
(写真3 錦糸町駅の駅名標とE217系)
錦糸町駅の駅名標とE217系

ホームからは、東京スカイツリーや特徴ある駅前のオブジェも見えます。
(写真4 錦糸町のオブジェと東京スカイツリー)
錦糸町のオブジェと東京スカイツリー

総武線各駅停車(中央・総武緩行線)では、209系500番台も見ることができます。
(写真5 中央・総武緩行線 209系)
中央・総武緩行線 209系

車両基地や電留線に並ぶ車両はとても魅力的ですので、他の路線の車両も機会があれば、写真を撮りたいと思います。
10両フル編成を目指していたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)E233系1000番台 京浜東北線(6両)がありましたけれど、要整備のため格安で、イベント用にちょうどよい車両が見つかったことから、先に2編成目を4両で増備しました。
(写真1 TOMIX E233系1000番台 京浜東北線 2編成目)
TOMIX E233系1000番台 京浜東北線 2編成目

早速、10両化を待っている同じTOMIX E233系1000番台(6両)と並べてみました。
このほか、KATOのE233系1000番台(10両/4両)とあわせると、4編成目となります。
(写真2 TOMIX E233系 京浜東北線 6両と4両編成)
TOMIX E233系 京浜東北線 6両と4両編成

今回の編成は、動力は念入りな清掃で復活しましたが、車体に小傷があるため、これまで体験イベント用だったKATOの4両と役割を交代させることにしました。
そのため、連結器は交換せず、アーノルドカプラーのまま使用するつもりです。
なお、KATOの4両は、10両編成化を目指すことになります。
(写真3 交換を行っていない連結器)
交換を行っていない連結器

E233系1000番台京浜東北線は、KATO・中間車6両、TOMIX・中間車4両(増結セットⅡ)の増備を急ぎます。
先日新たに加わったE259系成田エクスプレスの鉄道模型(KATO・Nゲージ)の参考に、N'EXの東京駅での分割(解結)を見てきました。
(写真1 E259系成田エクスプレス 東京駅での分割)
E259系成田エクスプレス 東京駅での分割

成田空港方面から6+6の12両編成で入線してきたE259系成田エクスプレスは、東京駅に着くと乗務員により、すぐに分割の作業がはじまりました。
まずは、先発する新宿方面の6号車のテールライトがつきました。
(写真2 テールライトの点灯)
テールライトの点灯

つづいて、幌が収納され、連結面のドア(貫通扉)が閉まりはじめました。
(写真3 連結面のドアが閉まる)
連結面のドアが閉まる

そして、横浜方面へ向かう後発の先頭車、7号車のヘッドライトが点灯しました。
(写真4 後発列車のヘッドライトが点灯)
後発列車のヘッドライトが点灯

時刻になると、先発の新宿駅方面へ向かう1~6号車が出発していきました。
(写真5 先発の新宿駅方面発車)
先発の新宿駅方面発車

この後、残された7~12号車も、少し間を開けて出発となります。
(写真6 後発の横浜駅方面の列車)
後発の横浜駅方面の列車

本数も多く、珍しい光景ではないと思いますが、ギャラリーが結構いるのに驚きました。
手際よく、短時間で行われる作業は、見ていて楽しいものでした。