にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道おもちゃ(プラレール)の京急の製作から始まって、鉄道模型まで使っていたエアーブラシが、ついにコントロールがきかなくなったため、新しいエアブラシを入手することになりました。
ガンダムの塗装用に使っていたものをもらい受けて、7~8年くらいは使っていたのではないかと思います。
(写真1 エアーブラシ スプレーワーク HGエアーブラシⅢ)
エアーブラシ スプレーワーク HGエアーブラシⅢ

これまでのものが、タミヤのダブルアクションでしたので、使い勝手などを考慮して、今回もほぼ同じような仕様のものにしました。
(写真2 エアーブラシの説明書き)
エアーブラシの説明書き

製品は、「スプレーワーク HGエアーブラシⅢ」で、0.5mm以下の細い線の吹き付けもできるとのことです。
(写真3 ダブルアクション 0.2mm径ノズル エアーブラシ)
ダブルアクション 0.2mm径ノズル エアーブラシ

京浜東北線か武蔵野線の103系あたりから、使い始める予定ですが、まだ落ち着いていないので、実際に試すことができるのは少し先になりそうです。
これから、気温が下がってきますから、あまり寒くならないうちに進められればと思っています。
鉄道模型の車両やパーツの細部や電子部品に書かれている数字や文字が、小さすぎたり、色合いの関係で、3倍の拡大鏡を使っても、はっきりと見えないことがあり、何かよいものはないかと探していたところ、100円(税別)の8倍拡大鏡を見つけました。
(写真1 100円ショップの8倍拡大鏡)
100円ショップの8倍拡大鏡

2枚のレンズをあわせると、約8倍で見えるとのことです。
(写真2 2枚のレンズで約8倍に)
2枚のレンズで約8倍に

早速、使ってみたところ、確かにはっきりと見えました。
ただ、極度に拡大されることで、見たいパーツの位置を探すに、なれないと戸惑います。
(写真3 小さなパーツの文字もはっきりと見える)
小さなパーツの文字もはっきりと見える

カメラのレンズだけでは、焦点が合わないようなところも、はっきりと写せるようになりました。
100円ショップは便利なものが、まだまだ、たくさんありそうです。
鉄道模型や鉄道おもちゃ(プラレール)の塗装で塗り分けの際に、マスキングテープを使うことがあります。
入手しやすく、汎用性に優れていることから、当初は、タミヤのマスキングテープを使っていました。
ただ、一つ難点として価格が高めなため、数年前から一部併用しながらも、基本的には、3Mの業務用マスキングテープにかえています。
(写真1 3M マスキングテープ 業務用)
3M マスキングテープ 業務用

使った感じは、タミヤブランドのものとほとんどちがいは感じられず、だいぶ長いこと使ってきましたので、そろそろ記事にしてもいいかなということで掲載しました。
ちなみに、本来の目的の塗装用としてだけではなく、粘着力もそれなりにあり、たいていものものはきれいにはがせますので、コストも含め、いろいろな貼り付けや一時的な固定にも便利に使えます。イベントのときなどは、特に威力を発揮します。
このほか、タミヤのテープケースとも完全に互換性があり、幅が同じもの同士であれば、気にすることなく使用できます。
(写真2 タミヤのケースに入れて使っているマスキングテープ)
タミヤのケースに入れて使っているマスキングテープ

ホームセンターや通信販売などで探すと(販売単位は、1パックまたは1箱)、かなり安く販売しているところを見つけることがあります。
テープの幅も種類が多く、そういった点からも使い勝手がよいものだと思います。
片付けに追われていまして、またまた、2日間も更新をお休みしてしまい申し訳ありませんでした。
今回は、せっかくなので、その成果として、鉄道模型やプラレール(鉄道おもちゃ)などのカビ臭対策をためしましたので、まとめてみたいと思います。

長いこと屋外の倉庫にしまっていたり、中古品を譲り受けるなどすると、カビの臭いが気になる場合があります。
程度がひどい場合は、臭いだけではなく、アレルギーなど健康を害することもありますので、効果がありそうなお掃除の定番品から4つの方法を選び、鉄道模型や鉄道おもちゃなどにも有効かテストしてみました。
(写真1 カビ対策の薬品 テストした4製品)
カビ対策の薬品 テストした4製品

掲載の写真は、鉄道模型のケースや鉄道おもちゃのプラレールですが、このほかにも、HO・Nゲージの車両などもテストししました。
(写真2 鉄道模型のケースなど)
鉄道模型のケースなど

4つの方法のうち、重曹、塩素系漂白剤、逆性石けん、については、洗面台を使ってつけ込みました。
(写真3 プラレールや鉄道模型の車両など)
プラレールや鉄道模型の車両など

また、逆性石けんを使ったテストの一部は、鉄道模型のHOゲージのレールや情景など大きめのものが多かったことから、プラ製の大きなケースを使ったりもしました。
(写真4 プラ製の大きなケースを使用しての漬けこみ)
プラ製の大きなケースを使用しての漬けこみ

まず、100円ショップでも入手できて、適量であれば食品にも使用する、比較的安全な「重曹」(炭酸水素ナトリウム)を使った方法からです。
程度の軽いカビの臭いは、これでとることができました。
(写真5 100円ショップの食品にも使える重曹)
100円ショップの食品にも使える重曹

次に、重曹で臭いが取れなかったものを、、十分に洗い流したのちに、(台所用)塩素系漂白剤につけるテストをしました。
これも、100円ショップでも入手でき、台所の定番品ですが、用法・容量を守っても手が荒れることがありますし、原液の扱いは、特に注意が必要なので、あまりお勧めできませんが、プラ製の車両などは臭いを取り去ることができました。
カビの撃退にも効果がありますが、あくまでも漂白剤なので、色が白くなってしまうことに注意が必要です。
※今回は、テストした対象物で色が変わってしまったものはありませんでした。
(写真6 塩素系漂白剤)
塩素系漂白剤

重曹、塩素系漂白剤で、カビの臭いが取りきれす、わずかに残ったものについて、「おひさまの消臭 ふとん用」という商品名(登録商標)の薬剤を試してみました。
この製品は、スプレー式で(漬け込みません。)、日光や電灯の明かりなどにあてて、消臭効果を高めるというものです。プラレールのレールなどは、これでようやく臭いがなくなりました。
あと、書籍などにもためしたところ効果がありました。ただし、拭き取りながらスプレーするなど、紙がよれてしまわないように工夫する必要があります。
(写真7 おひさまの消臭 ふとん用)
おひさまの消臭 ふとん用

最後は、かなり臭いがきつく、カビそのものを十分に撃退した方がよさそうなものについて、医療でも使用される「逆性石けん」(ベンザルコニウム塩化物液)に漬け込みました。
4つの方法の中では、かなり効果があり、状態の悪いものでも、刺激のあるカビ臭さをなくすことができました。少なくとも、殺菌効果は十分にあると思います。※ただし、一部、元のカビ臭とは別の臭いが残ることがありました。
ちなみに、逆性石けんは、ドラッグストアーのほか、薬品の取り扱いのあるカメラ・家電量販店でも、商品によっては安価で入手できます。
(写真8 ベンザルコニウム塩化物液・逆性石けん)
ベンザルコニウム塩化物液・逆性石けん

今回のテストでは、一般的な掃除の方法で行いましたので、すべに有効がどうかはわかりません。また、製品への安全性を保証できませんので、あくまでも参考ということでお願いいたします。(お試しになる場合は、自己責任でお願いします。)
参考にされる場合は、薬品の取り扱いをはじめ、シールや電子パーツなどは、水や薬品を苦手としますのでご注意いただき、薬品類の使用方法を守っていただきますようお願いいたします。

連休にふさわしい?お掃除の話題としました。次回は、鉄道模型コンテストからの続きを予定しています。
最近、半田ごてを使った作業時間が長くなったため、ヒーターの寿命が来てしまいました。
純正の交換用ヒーターが安価(220円前後)で販売されていますので、購入して交換しました。
(写真1 半田ごて 交換用ヒーター KS-30H)
半田ごて 交換用ヒーター KS-30H

今回、ヒーターの交換を行ったのは、電子工作などで一般的によく使われているものの一つで、大洋電機産業のKS-30R 30W(ニクロム線ヒーター タイプ)です。※コテ先は、純正の別売品に交換してあります。
(写真2 大洋電機産業の半田ごて30W KS-30R)
大洋電機産業の半田ごて 30W KS-30R

ヒーターの交換はあまり難しく感じませんが、うっかり忘れないように手順を記録しておくことにします。

まず、電源コードがコンセントから抜かれていて、また熱くない状態で、コテ先を止めているネジを外します。そして、コテ先を引き出します。
(写真3・4)
コテ先を止めているネジを外すコテ先を引き出したところ

つづいて、グリップ部分のネジも3箇所外して、カバーを開きます。
(写真5・6)
グリップ部分のネジ3箇所も外すネジを外して開いたと様子

はまっている位置を確認した上で、ヒーターと電源の端子を外して、筒状の金属部分からヒーターを抜きます。
(写真7・8)
ヒーターの端子を外す筒状の金属部分からヒーターを抜く

ここからは、反対の手順となって、新品の交換用ヒーターを袋から出してネジを外します。
(写真9・10)
筒状の金属部分からヒーターを抜き出した様子新品の交換用ヒーター

新しいヒーターを筒状の金属部分に差し込み、位置を合わせた上で、ヒーターの端子を接続します。
このとき、端子部分はすべて押し込むのではなく、半分くらいの位置になります。
(写真11・12)
筒状の金属部分に差し込むヒーターの端子を接続する

正しい位置に納まっていることを確認して、グリップ部分を合わせてネジを3箇所止めます。
最後に、コテ先のネジを2箇所止めて交換は完了です。
(写真13・14)
グリップ部分を合わせてネジを3箇所止めるコテ先のネジを2箇所止める

この後、通電してヒーターの加熱を確認し、実際に作業をして確認しました。

なお、セラミックヒーターの半田ごても購入してみしました。やはり、今回掲載のニクロム線ヒーターと比べると格段に使いやすいと感じました。機会があれば、ご紹介したいと思います。

この記事は、(2013年)11月10日~11日にかけて編集しました。