にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、昨日(2017年8月18日)から始まった「第18回国際鉄道模型コンベンション」(JAM)に“Panda Neko No.1・mr0123ma・た625 共同チーム”で出展中ですが、本日、20日(日)が最終日です。
参加中のイベントでは、中日の19日から、少し出展物を増やしました。

まず、箱根登山鉄道 往復・交換システム 鉄道おもちゃ(プラレール)を短距離バージョンで始めました。
昨日は、試験走行として、前半のみ運行しましたけれど、本日は、順調にいけば一日実演したいと思っています。※Panda NEKO No.1
(写真1 箱根登山鉄道 往復・交換システム 鉄道おもちゃ)
箱根登山鉄道 往復・交換システム 鉄道おもちゃ

つぎに、Nゲージの車両は、外国型を中心に、毎日新しい車両を、走行・展示しています。※mr0123ma
(写真2 外国型車両を中心に毎日交換)
外国型車両を中心に毎日交換

そして、ポイントの一括転換は、転換の様子がわかりやすくなるように、鏡を設置して部分的に取り出したものを展示しました。※た625
(写真3 ポイントの動作をわかりやすく)
ポイントの動作をわかりやすく

たくさんの皆様にお越しいただき感謝しています。
最終日も、参加者・来場者の皆さん、共に楽しいイベントになるよう願っています。
東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、昨日(2017年8月18日)から始まった「第18回国際鉄道模型コンベンション」に“Panda Neko No.1・mr0123ma・た625 共同チーム”で出展中です。20日(日)まで開催してます。
(写真1 出展エリア)
出展エリア

今年は、テレビ放送での案内もあったようで、初日から多くの人で賑わっています。
入口に近いこともあり、出展コーナーも忙しく、楽しく参加させていただいています。
(写真2 Panda Neko No.1・mr0123ma・た625 共同チーム)
Panda Neko No.1・mr0123ma・た625 共同チーム

目立たない新規展示ですが、踏切とセットで、閉そく信号機もやっています。
(写真3 閉そく信号機と踏切)
閉そく信号機と踏切

なかなか、持ち場を離れることができませんが、できるだけ時間を見つけて、他の出展も見たいと思っています。
イベントの準備で、しばらく更新ができず申し訳ありませんでした。
いつも、ご訪問いただきありがとうございます。

明日から始まる「第18回国際鉄道模型コンベンション」に、昨年と同じメンバーの「Panda Neko No.1・mr0123ma・た625 共同チーム」にて出展します。
例年と同じく、会場は、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間の開催です。
(写真1 た625作品 貴志駅 ほか)
た625作品 貴志駅 ほか

まず、た625さんは、和歌山電鐵貴志川線「貴志駅」と、「遊園地」のジオラマのほか、ヤードを一括転換させる装置(お試し操作あり)の新作を出品します。
(写真2 た625作品 新作 ヤードの一括転換)
た625作品 新作 ヤードの一括転換

つづいて、mr0123maさんは、室内灯を長編成の車両に搭載したり、パンタスパークをLEDで再現した車両を、展示・走行します。
(写真3 mr0123ma作品 新作 パンタスパーク搭載車)
mr0123ma作品 新作 パンタスパーク搭載車

さらに、ヨーロッパやアジアなどの外国型車両を中心に、今年も、新作をお披露目します。
(写真4 mr0123ma作品 新作 中国高速鉄道)
mr0123ma作品 新作 中国高速鉄道

そして、私は、鉄道おもちゃ(プラレール)の自動踏切警報器・遮断機を、今回も展示します。
(写真5 Panda NEKO No.1 作品 踏切警報器・遮断機)
Panda NEKO No.1 作品 踏切警報器・遮断機

また、2年ぶり鉄道おもちゃと鉄道模型共通の回路の「閉そく信号機」を、8区間に増やした新バージョンで、鉄道おもちゃの線路に取り付けて、実物のように、赤、赤→黄、黄・・・と変化し、京急の車両はありませんが、YGF(抑速)まで、直線上にかわってく様子を見られるように展示します。
(写真6 Panda NEKO No.1 作品 復活 閉そく信号機)
Panda NEKO No.1 作品 復活 閉そく信号機
※写真は、昨年出展のもので、タイマー式のものです。

イベントのため、通常の更新はできないかもしれませんが、各日の雰囲気など簡単にお知らせできればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の3回目です。

はじめは、“深秋”というタイトルの「共立女子中学高等学校 地理歴史部」の作品です。
モデルとした場所を、実際に訪れて製作に生かしたというジオラマです。
(写真1 共立女子中学高等学校 地理歴史部)
共立女子中学高等学校 地理歴史部

ダムや谿谷に架かる橋(線路)など、とてもよく作られています。
(写真2 ダムや駅など)
ダムや駅など

山の絵の神社へと続く階段は、途中に店や駅などもあり、こんな場所を訪れたいと思わせてくれます。
(写真3 神社へ続く階段と店)
神社へ続く階段と店

2校目は、夏らしい景色の「栄東中学・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
山の木々と海の色がともに鮮やかで、暑さを吹き飛ばしてくれそうなシーンですが、転がっている大きな岩をみると、道路を通過するとは、少々怖いかもしれません。
(写真4 栄東中学・高等学校 鉄道研究同好会)
栄東中学・高等学校 鉄道研究同好会

3校目は、“山手線 原宿駅”を再現した「海城中学高等学校 鉄道研究会」の作品です。
個性的な原宿駅の駅舎や、最近取り付けられたホームドアなど、駅全体を小さなモジュールの中でまとめています。
(写真5 海城中学高等学校 鉄道研究会)
海城中学高等学校 鉄道研究会

4校目は、“回転寿司屋 東寿司 東京ビッグサイト店”というタイトルの「神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
レーンの上を流れてくる回転寿司は、似たような鉄道模型では、やってみたいネタの一つではないでしょうか。
鉄道おもちゃのプラレールの姿も見えますが、これも、少し前に回転寿司で話題になっていたことを思い出しました。
(写真6 神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会)
神奈川県立平塚中等教育学校 鉄道研究同好会

鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、他の部門やほかの話題などを入れながら続きます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と小出(新潟県)を、高崎線・上越線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の14回目です。

只見線が来るまでに時間がありますので、小出駅の中や周辺を見ていくことにします。
(写真1 小出駅の保線車両)
小出駅の保線車両

只見線のホームにそばには、保線車両がとまっていますが、背後の川や残雪の山々など、特別な存在を感じさせます。
(写真2 保線車両と駅名標)
保線車両と駅名標

小出駅の上越線ホーには、待合室があり、新潟県の名産品を案内しています。
(写真3 上越線ホームの待合室)
上越線ホームの待合室

このほか、只見線のホームから見る上越線のホームや駅舎などもすてきです。
(写真4 只見線ホームから見る小出駅)
只見線ホームから見る小出駅

つづいて、小出駅を改札外からも見てみます。
平屋の駅舎ではありますが、きれいで、すっきりとしたデザインです。
(写真5 小出駅 平屋の駅舎)
小出駅 平屋の駅舎

“小出駅”の駅名板は、“俳優 渡辺 謙 書”と添え書きがあります。
ここ、新潟県魚沼市の出身なんだそうです。
(写真6 駅名板)
駅名板

そして、観光客の姿は、この日あまり見かけませんでしたけれど、“駅から観光マップ”もあり、大きな周辺地図を含めて、観光案内をたくさん見かけます。
(写真7 駅から観光マップ)
駅から観光マップ

駅前には、住所を案内する“魚沼市小出旭町”の案内板もありました。
(写真8 小出旭町の地名案内)
小出旭町の地名案内

普通列車で横浜→小出は、いよいよ、只見線の車両となり最終回です。